三重の米力プロジェクト

三重県コシヒカリ


三重県コシヒカリ
image

コシヒカリ
1956年(昭和31年)に福井県で開発されたコシヒカリは、その粘りの強さを特徴とする極良食味から、現在では日本の米を代表する銘柄となりました。三重県では他県に先駆け、1959年(昭和34年)に奨励品種に指定されました。現在では三重県の総作付面積の8割を占める基幹品種となり、関西以西では最大の生産量を誇ります。

image

伊賀米コシヒカリ
伊賀市と名張市からなる伊賀地域は、盆地に特有の寒暖差の大きい気候と優れた土壌、豊富な水量に恵まれ、美味しい米作りに最適な条件が整っています。この土地で生産される「伊賀米コシヒカリ」は、日本穀物検定協会が認定する全国米食味ランキングで最高評価である「特A」に平成23年産より4年連続で選ばれています。

image
(コシヒカリ)